通帳や日々の家計の管理をしっかりと

「お金の貯まる人」はお金の管理がとても厳しいという鉄則があります。そういう意味で私の父はお金の管理がとても苦手な人です。

 

通帳は自分の机の真横に置かなくては気が済まない、金庫に入れるのも駄目、目の見える場所に常に通帳を置いておかないと駄目な人です。逆に母は昔ながらの人で、非常に奥まったところに財布や通帳、印鑑を置かなければ気が済まないタイプ。ですから2人はいつも通帳の場所で言い争いをしています。

 

父は「通帳だけ盗まれたところで銀行はお金を降ろさせないから無意味だ」と言いますし、母は「家の全財産が記録された通帳をそんなところに置いておくなんて非常し極まりない」と言います。母の言い分が最もなのですが、父は昔からそうやってきたそうで、今更言われたくないとのことでした。そんな父は貯金がほとんどありません。このように、お金の管理にずさんな人とというのは、決して貯金ができないタイプであり、きちんと管理する人は通帳の場所などもきちんと決め、管理するタイプなのです。