お小遣い貯金をすると心が落ち着く

私は10年前から自分のお小遣いを、50パーセントずつに仕訳して使っています。50パーセントは使っていいお金、残りの50パーセントは先取り貯金です。

 

人間、お小遣いがあるとついつい使いすぎてしまうものですが、あらかじめ貯めるお金を仕訳しておくと、少しブレーキがかかるので、なるべく手を出し辛いように使ってよい分と貯める分を、2つの貯金箱に分けて入れます。

 

そして貯める分はなるべく早いサイクルでネット銀行に預けてしまいます。こうする事で、ますますその貯金分には手を出し辛くなるのです。最近のネット銀行は、入金はコンビニや郵便局から何回でも無料で出来る場合が多く、その反面出金となると1回につき手数料をとられたりするのでなかなか下ろす辛くなります。それが抑制に繋がるので重宝しています。

 

慣れないうちは足りないと思ったものですが、さすがに10年も続けているとそれが当たり前になってしまった、貯金分を使いたいと思う事は全くなくなりました。継続は力なり、ということで10年でお小遣い貯金は70万を越え、家計とは別なのでいざという時に使えるという心の安心感にも役立っています。